• 田中 成和

まだ紙使ってるんですか!?


緊急事態宣言が明けて、皆様いかがお過ごしでしょうか。




ジムが解禁になって、先日久しぶりに行ってきたのですが、




腹筋30回×3セットがあんなにもきついと思わなかったです。





(ちなみに、1回目30回、2回目21回、3回目10回と30回×3セットできなかったです汗)





継続って大事ですね、完全に「コロナのせい」と言ってサボりすぎました。。。




まだ筋肉痛が治っていない営業部長の田中です。





今回は、クラウドシステムによる自動化をして、






紙での処理を大幅に削減するお話です。





新型コロナウイルスの影響で、





いらない作業が浮き彫りにされた感はあります。





そこで、経理業務についてもいらない作業を浮き彫りにし、それをなくす。




業務を自動化して最大の効率化を図るためには、




会社の業務全体のフローを検討し、




その会社にあった業務フローを再構築する必要があるのですが、




今回はその一部の経理業務をピックアップしております。




【経理業務での3大ムダ作業】



①請求書や領収書の伝票を書いて、伝票を会計データに入力する。




②銀行通帳のコピーを会計データに入力する。




③クレジットカードの明細を会計データに入力する。




クラウド会計システムを導入することで、




この3大ムダ作業が大幅に削減されます。



クラウド会計システムとはなんぞやという方に、




有名なクラウド会計はなんといってもマネーフォワードとfreeeですね。








このシステムは、




銀行口座やクレジットカードなどを連携することができて、




その明細をシステムが自動で仕訳を判断してくれる




(たまに変な仕訳があるので、修正すると学習機能で、




その次からは正しい仕訳が生成されます)という優れものです。







また、ネット環境があれば、




どこからでもアクセスでき、作業ができるようなシステムで、




今回の新型コロナ感染症対策のため在宅勤務で




遠隔作業を余儀なくされる場合には、




家で作業もできるというものです。






【経理業務での3大ムダ作業の大幅削減方法】



※現金取引は連携できないため、作業が必要となります。




直接会計システムに入力するか、レシートをスキャンするか、




取込用のExcelを作って会計システムに取込む。


①請求書や領収書の伝票を書いて、伝票を会計データに入力する。




請求書や領収書の伝票を書くのをやめる。



請求書はクラウド会計を使用して作成すると、



自動連動で仕訳が生成されるため、



入力作業がいらなくなります。




②銀行通帳のコピーを会計データに入力する。




銀行口座をネットバンキングにして、



クラウド会計と連携することで、



口座の明細が、自動連動で仕訳が生成されるため、



入力作業がいらなくなります。




③クレジットカードの明細を会計データに入力する。




クラウド会計と連携することで、



口座の明細が、自動連動で仕訳が生成されるため、



入力作業がいらなくなります。








そのほかには、給与計算もクラウドシステムを使用して計算することで、




自動連動で仕訳が生成されるため、入力作業がいらなくなります。







クラウドシステムとか、自動化とかすごく難しそうな感じがするのですが、




やっていることはシンプルですね。


今後の事業の回復のため、ムダな経理業務をなくし、




その空いたリソースを他の業務に活用し、




コンパクトで筋肉質な体制をとってみてはいかがでしょうか。


#クラウド #会計 #自動化 #ペーパーレス #経理業務 #業務削減 #改善 

© 2017 by AT PLUS  Co.,Ltd