top of page

投票しよう!

ウラカシキャラバン沢山のご来店ありがとうございました!!

だいぶ仕事も落ち着いてきて少し余裕が出来たので

AT PLUS ダイエット企画が始まりました!!

次の社員旅行までにどれだけ落とせるかを競っています(私以外)

鬼のトレーニングメニュー考えてます!

週2回頑張って行こう!!!

どうも!トレーナーの西村です!

 




最近お勉強がてらに国会中継を見ました。

こんな酷いんだ。ってなりました。

居眠り、ヤジ、裏金

そりゃ確定申告した皆さんは怒りますよ。

こんな人たちに税金を管理されていたら日本が終わるなと印象です。

内閣支持率は33%、政権発足後最低。

岸田首相は24年9月に自民党総裁の任期満了を迎えます。

今のうちに支持する人探しましょう!!

今回のテーマは『投票』について!

 

 


 

投票率

国政選挙の投票率は、令和3年10月に行われた第49回衆議院議員総選挙では、55.93%

10歳代が43.23%、20歳代が36.50%、30歳代が47.13%

 

国民の半分は投票していない。

その中で圧倒的に若者の投票率が少ない



 

 

投票率が低い理由

今住んでいる市区町村で投票することができなかったから

選挙にあまり関心がなかったから

投票所に行くのが面倒だったから

どの政党や候補者に投票すべきかわからなかったから

自分のように政治のことがよくわからないものは投票しない方がよいと思ったから

一人が投票してもしなくても世の中は変わらないと思ったから

選挙によって政治はよくならないと思ったから

 

政党や候補者に投票すべきか分からないから投票所に行くのが時間の無駄ってなる人が大半だと思います。

 


 

投票率を上げる為に

 

今はSNS世の中になっている状態。

若者をターゲットにしてX、Instagram、TikTok、YouTube等を使って

立候補者が自分たちの宣伝をして興味を持ってもらう事が必要だと思います。

 

インターネット投票の導入は、若者の投票率を向上させる解決案の1つといえる。

しかし、インターネット投票には、セキュリティなどの観点で様々な課題があり、現状導入には至っていません。

 


 

恥ずかしい話ですが私は選挙で投票をした事が一度もありません。

私が投票に行かなかった理由としては

誰がやっても変わらないでしょう。

こういう日本になって欲しいとか全く無かったです。

でも考え方が変わりました。

私は次回の選挙は絶対に投票してふざけた議員を1名でも降ろしてやります。

投票に行こう!自分達の未来は決める権利は手元にある!

 

一度国会中継を見て欲しいです。

国ために一生懸命に議論する人心打たれる部分がありますので。

 

楽せず、楽しくいきましょう!

Opmerkingen


最新記事
アーカイブ
タグから検索
​カテゴリから検索
bottom of page