top of page

皆さん整ってますか?



だんだんと夜が涼しくなってきてすごしやすい気候になってきましたね。


ひぐらしの音を聞きながら夜風を浴びるのが最近とても心地よく感じてきます、、、

ちなみに虫の音を聞いて心地よく感じる文化は日本だけみたいで

海外の人たちは雑音にしか聞こえないらしいです。

ちょっと寂しいですね。www


元和食料理 糸井です。


今回のブログはサウナについて書きたいと思います。

ここ最近自分の中で新しい趣味になりつつあるのですが

気づけば週に1~2回は行ってますね。

サウナハットも下にひくマットも買ってしまい

趣味になりつつというよりも

もはや趣味の仲間入りしてます。www


最近巷でも人気なサウナですがなにが楽しいかというと

皆さんも1度は聞いたことある言葉かと思いますが


整う


という言葉です。

これは何かというとサウナに入った後

水風呂で体を冷ましその後外気浴をします。


目をつぶり外気浴をしていると

言葉では表しにくいのですが強いて言うのであれば

整います。www

これが楽しいです。


そこで今回は皆さんに

サウナを楽しむためのポイントと

サウナを経営するためのポイントをいくつか

紹介していきたいと思います。



 

サウナの楽しみ方:5つのポイント


①適切な温度と時間:サウナの適切な温度は80°Cから100°C。しかし、初心者は60°Cから始めるのがおすすめ。また、一度に15分以上入るのは避け、休憩を挟むことで効果を最大限にしましょう。


②ロウリュ:サウナの石に水をかけることで、蒸気が発生。これにより湿度が上がり、汗をより促進します。しかし、水の量やタイミングには気をつけましょう。


③休憩と冷水浴:サウナ後は外気や冷水浴で体を冷やすことがポイント。冷やすことで新しい酸素を体内に取り入れ、サウナの効果を最大限に。


④水分補給:汗をたくさんかくため、水分補給は欠かせません。無糖の飲み物や水で、こまめに水分を取りましょう。


⑤リラックス:サウナは体だけでなく、心もリラックスさせる場所。深呼吸をして、日常の雑音から離れて心を休めましょう。




 

サウナ経営の会計的論点:5つのポイント


①初期投資: サウナ開業は、大きな初期投資が必要。設備や施設の償却スケジュールを明確にし、未来の経営計画に落とし込むことが大切です!


②運転資本: 水道・電気などの光熱費や人件費。これらの日常コストをしっかりと管理して、キャッシュフローを健全に保ちましょう。


③収益性: 入場料だけではなくレンタルや飲食、マッサージの利益も見逃せません。どのサービスが最も収益を上げているか、定期的にチェック


④固定費vs変動費: 家賃や給与などの固定費、水や電気の変動費。このバランスを見極めることで、利益を最大化できる経営を目指しましょう!


⑤税務対策: 経営者としては避けて通れない税務。適切な対策を行い、サウナ経営の安定を図りましょう



サウナは体と心をリフレッシュする場所です。

その魅力を最大限に引き出すためには

利用者の視点を常に持ち

新しいサービスやアイディアを取り入れる柔軟性が求められます。

サウナを楽しみ、経営の成功を追求するために、

これらのポイントを参考にしてみてはいかかでしょうか?



楽せず楽しく整いましょう!

Comentarios


最新記事
アーカイブ
タグから検索
​カテゴリから検索
bottom of page