top of page

結婚式の挨拶



3月に人生初の経験をします。



結婚式で、会社を代表しての挨拶です!!



緊張しますね。



今から何を話そうか考えているのですが、



まじめにいけばいいのか、



面白くいけばいいのか、難しいです。



COOの田中です。




 


結婚式は人生の中でも特別な瞬間。



新郎新婦はもちろん、参加するゲストにとっても忘れられない一日にしたいものです。



特に挨拶は、その日の雰囲気を左右する重要なポイント。



ということで、今回は最近すごく気にしている結婚式の挨拶について、



結婚式の挨拶を面白く、そして心温まるものにするためのコツについて調べてみました。



 


1.    エピソードを交える



伝統的な挨拶に小さなツイストを加えて、聞き手の笑顔を誘うのはいかがでしょうか。



新郎新婦の知られざる面白いエピソードを交えることで、



ゲストの関心を引きつけ、親近感をもたらします。



例えば、「新郎が新婦のために初めて料理をした時の災難話」や



「新婦が新郎の趣味に挑戦した際のコミカルな失敗談」など、



愛あるエピソードは会場を和ませること間違いなしです。



 

2.    サプライズ要素を加える



挨拶中に予期せぬサプライズを仕掛けることで、



ゲストの記憶に深く刻まれる一瞬を作り出すことができます。



たとえば、挨拶の最中に突然、新郎新婦がデュエットで歌を披露する、



または共通の趣味にちなんだ小道具を使用するなど、



オリジナリティ溢れるアイデアがポイントです。



 

3.    ユーモアを取り入れる



結婚式の挨拶にユーモアを取り入れることは、



緊張をほぐし、リラックスした雰囲気を作り出す絶好の方法です。



ただし、笑いのセンスは人それぞれ異なるため、



あまりに尖ったジョークや内輪ネタは避け、



誰もが楽しめるユーモラスな内容に留めることが重要です。



 

4.    感謝の気持ちを忘れずに



挨拶で笑いを取ることも大切ですが、



何よりも感謝の気持ちを伝えることが最も重要です。



結婚式に参加してくれたすべてのゲスト、支えてくれた家族や友人への感謝を、



心からの言葉で表現しましょう。



真摯な感謝の言葉は、笑いに包まれた温かい雰囲気をより一層深めてくれます。



 

5.    事前の準備とリハーサル



面白くて印象的な挨拶を成功させるには、



事前の準備とリハーサルが不可欠です。



スピーチの内容を練り上げ、必要であれば家族や友人にフィードバックをもらいながら、



本番で自信を持って話せるように準備しましょう。



 

結婚式の挨拶を通じて、新郎新婦の個性と愛情がゲストに伝わり、



温かくてユニークな一日になることでしょう。



面白い挨拶で、皆の心に残る結婚式を創り上げてください。



楽せず、楽しくいきましょう~


Comments


最新記事
アーカイブ
タグから検索
​カテゴリから検索
bottom of page