失敗への向き合い方

ついに皆さん待望のアレが発売になりましたね。

そうです。


モンスターハンターサンブレイク!!!


どうですか?バンバン狩りしてますか?


新マップ楽しいですね。

今まで壁登りは翔蟲使わなきゃだったんですが、

今回のアップデートでダッシュから登れるようになりました。

地味なアップデートですけど、痒い所に手が届く更新で

1回分節約できるようになりました。


ちなみに、密林マップの真ん中の大木ってどうやって上まで行くんですか?

だれか教えてください。


どうも、公認会計士・税理士・印紙税管理士・お肉博士の金子です。


 

本日は「失敗への向き合い方」というテーマでお送りします。

というのも、本日やってしまいました。





スーツにサンダルです。

靴下まで履いてます。


この状況なかなか恥ずかしかったです。


こんな日常の失敗から、

仕事での失敗まで、

大小さまざまですが、

私なりの失敗への向き合い方をご紹介します。


失敗して落ち込んでいる方に届いて、

少しでも楽になってもらえれば幸いです。


失敗の定義づけ

そもそも失敗ってなんでしょうか。

成功するまでやれば、

失敗なんてないさ!

という、哲学的なお話は一旦抜きにしましょう。

#話が終わっちゃう


失敗の定義はいろいろありますが、


「手段が悪くて、目的が達成できなかった状態」


を失敗ということにしましょう。


私の今朝の例だと、


手段→革靴を履く必要があったのに、サンダルを履いた

達成できなかったこと→カッコよくなかった


ですね。


失敗は定義の通り、

「目的が達成できなかった状態」

ですから確定した過去です。


ここまでは「そりゃそうだ」ですよね。

#だよね


失敗への向き合い方とは

ここからが私流の失敗への向き合い方です。


失敗は、確定した過去なので、変えられません。


正確に言うと、失敗したという現象自体は変えられません

一方、変えられるのは、その現象から生じた感です。


過去の自分の感情はもう終わったことなので、

大事なのは、その現象を思い出したときに、

今、どう感じるか、です。


今朝の私であれば、


現象→珍しくスーツ着ているのにサンダルを履いていた

その時の感情→めっちゃ恥ずかしい


ですよね。


でも、今の感情は、

ブログのネタになってよかったぜ!です。

恥ずかしさも含めていいネタだな、と思っています。


恥ずかしい、から、よかったぜ!になっています。

この変換を紐解くと、

失敗へのいい向き合い方が見えてきます。


コツは一つだけです。


失敗の責任から逃げない。


これだけです。


今朝の私であれば、

恥ずかしさから逃げずに、こうやってブログでネタにしちゃいます。


仕事で失敗してもいいんです。

失敗の責任から逃げないことです。


失敗した原因は自分にあります。


その失敗で謝罪する必要があるのであれば、

誠心誠意謝罪すべきです。

資料を作り直す必要があるのならば、

必死で作り直すべきです。


だって、過去の自分が失敗したんですから。


でも、その失敗の責任から逃げずに立ち向かったら、

それは必ず自分の経験に化けます。


同じ失敗を繰り返す人は、

失敗を自分以外の何かのせいにしている人です。


失敗の責任から逃げなければ、

いつかその過去は、自分にとって、

有益なものになります。


過去の事象は変えられないけど、

感情はあくまで「今」感じるものなので、

いくらでも変えられます。


逃げないで向き合いましょう。

ミスって落ち込んでいる方の一助となることを願って。



楽せず楽しく生きましょう。

最新記事
アーカイブ
タグから検索
​カテゴリから検索