top of page

数字っておもしろい

暖かくなってきましたね。

私たちの業界は寒い時期が忙しくて、

暖かい時期は暇になる季節労働者的性質があるので、

暖かくなってくると自然とテンションが上がります。


最近は、サンドランドというゲームをやっています。

皆さんご存知ですか?

あの鳥山明先生がキャラデザインしたアニメで有名ですよね。




なかなか作りこまれていて探索ばっかりで全然ストーリー進まないです。

鳥山明先生の作品は童心をくすぐられるというか、

ウキウキしますよね。


どうも、公認会計士・税理士・印紙税管理士・お肉博士の金子です。


 


さて本日は数字っておもしろい!というお話です。


早速ですが質問です。


1%の確率で不良品を作ってしまう機械があります。

この機械で100回製品を作った場合に、

少なくとも1回は不良品を作ってしまう確率は何%でしょうか。


1%じゃないですよ。


正解は約63.4%の確率で少なくとも1回は不良品を作ってしまうんです。


解説します。



1%の確率で不良品を作ってしまうということは、

99%は成功しますよね。

問いは、少なくとも1回不良品を作ってしまう確率ですから、

100回連続で不良品が作られない確率を計算して、

その逆数が解答になります。


1回目が成功する確率は99%です。

2回連続で成功する確率は99%×99%で、98.01%です。

これが100回ですので99%の100乗→約36.6%となります。


この逆数が解答ですので、約63.4%となるわけです。


1%の確率ってほとんどあり得ないじゃん、って印象を受けるのですが、

100回試行した場合には63.4%も起こりうるって考えると、

不思議な感覚になりませんか?



お次はよくある数字当てゲームです。



①2から9の数字を思い浮かべてください。


②その数に9をかけてください。


③出てきた数字の一の位と十の位を足してください。

 23なら5、59なら14ですね。


以上です。

みなさん計算できましたか?



当てましょう。

答えは9ですね。


当たってますよね?


解説します。


冷静に考えれば当たり前ですが、

2から9の数字に9をかけるとその数は、

全て9の倍数となります。

18、27、36、45、54、63、72、81ですね。


全ての数字が一の位と十の位を足すと9になるので、

上記①~③をやると必ず9になるんです。


ネタを聞けばなぁんだ、って思うかもですが、

これをリアルでやるとちょっとびっくりしますよね。


最後にもう一つ。


ある地域にて疫病が流行しました。このままではそこの住民1000人が被害にあいます。

さて、あなたならどちらの選択肢を取りますか?


A 600人は確実に助かる方法

B 60%の確率で全員が助かるが40%の確率で全員が被害にあう方法


どちらを選んだでしょうか。

ちょっと見せ方を変えます。


A 400人が被害にあう方法

B 60%の確率で全員が助かるが40%の確率で全員が被害にあう方法


Aの選択肢の表現を変えていますが、

聞いていることはまったく同じです。


2問目の選択肢でAを選んだ方は少ないのではないでしょうか。

同じことを言っていてもその装飾後で印象が変わります。


数字っておもしろい!ですね。


楽せず楽しく生きましょう。



Comentarios


最新記事
アーカイブ
タグから検索
​カテゴリから検索
bottom of page