縄跳び


ボクシングを始めて約3か月、体力がついて、体も締まってきました(たぶん)。



体力については、ガチのフットサルで前回(3か月前くらい)は途中でバテてしまいましたが、



今週月曜日にした際は、最後まで走りきれたので、体力がすごいついてきたと実感してはいますが、



体が締まってきたかどうかは鏡で見て思っているだけなのでなんとも言えないですが、



どうもCOO(Chief Operating Officer)田中です!!!




 


今回は、そんな僕がしているボクシングのトレーニングの中で、縄跳び(ロープ)についてお話します。



ちなみにメイウェザーの縄跳びは芸術的なほど凄いです。



ボクシングの基本的な練習が、


・縄跳び(ロープ)


・シャドーボクシング


・サンドバック打ち


・ミット打ち


・マスボクシング


・スパーリング



縄跳びはウォーミングアップ時にします。



 


その中でも、縄跳び(ロープ)がすごくいい効果をもたらします。



皆様は最近縄跳びって、いつしましたでしょうか???



小学生以来していない人も多いかと思いますが、



こんなに効果的な運動はないです。



全身運動であるなわとびは消費カロリーが高く、



体脂肪を落とす、脂肪燃焼をはじめとして筋肉を鍛える、体力をつける、健康維持など多くのメリットがあります。



運動不足の人なら筋肉痛になるほど、ランニング並みに負荷の高いエクササイズです。



なわとびは体の47種類ほどの筋肉を使う全身運動であり、



上半身をまっすぐに保って跳ぶことで、下半身と体幹を鍛える体幹トレーニングとして活用することができます。



有酸素運動であることから、脂肪燃焼、持久力アップ、心肺機能の向上にもつながります。



 


なわとびのメッツ(運動強度)は、8.0~12.0程度とされています。



メッツとは身体活動の強さを、安静時を1.0としてその何倍に相当するかで表す単位です。



走る速さにもよりますが、時速8キロでのランニングのメッツが8.3程度。



なわとびは、ゆっくり(毎分100ステップ未満)跳んで8.8、



速く(毎分120~160ステップ)跳んで12.3程度に相当するそうです。



ただ跳ぶだけで安静時の8~12倍と、


ウォーキングやランニング以上のカロリー消費が期待できます。



 

参考までの他の活動



座位:書く、デスクワーク、タイピング 1.3 METs



食事をする:座位 1.5 METs



入浴:座位 1.5 METs



シャワーを浴びる:タオルで拭く、立位 2.0 METs



ストレッチ:ゆったり 2.3 METs



子どもの世話:幼児、全般 2.5 METs



水中歩行:楽な労力、ゆっくり 2.5 METs



ベッドメイク:リネンを交換する 3.3 METs



掃除:カーペットやフロアの掃き掃除、全般 3.3 METs



階段を降りる 3.5 METs



散歩 3.5 METs



体操:全般 3.8 METs



階段を上る:ゆっくり 4.0 METs



部屋の片づけ 4.8 METs



レジスタンス(ウェイト)トレーニング:スクワット、ゆっくりあるいは瞬発的な努力で 5.0 METs



ジョギングと歩行の組み合わせ(ジョギングは10分未満)  6.0 METs



ランニング:マラソン 13.3 METs



 


ぜひ効果的に運動をしたい方は、縄跳びはすごくオススメです。




もっと効果的に運動したい方、強くなりたい方、自信をつけたい方は




ボクシングジムに入ることをオススメします。




ボクシングにご興味ある方はご連絡ください。




楽せず、楽しくいきましょう。



#ボクシング #縄跳び #趣味 #ダイエット #減量 #美ボディ









最新記事
アーカイブ
タグから検索
​カテゴリから検索