年末調整虎の巻/第3巻

ついにビールから糖質ゼロが出ましたね。

糖質コントロールを少しだけ気にしてるので、

これでビールが解禁されました!

ありがとう!キリンさん!!

#一番搾り

#糖質ゼロ

どうも、家飲みが大好きな公認会計士・税理士・印紙税管理士・お肉博士の金子です。


さて、前回から引き続き今回も年末調整のお話です。

過去のお話は、こちらから。

年末調整虎の巻第1巻「そもそも年末調整って何なの?」

年末調整虎の巻第2巻「扶養控除等申告書の書き方」


今回は保険料控除申告書の書き方についてご説明します。

こちらですね。



今回も、資料については国税庁HPの抜粋ですが、

解説は筆者注釈です。



名前とか書こう!


①所轄税務署長等

 通常、会社からもらう際にはここは印字してありますが、

 勤めている会社の住所を所轄する税務署の名前と、

 ご自身が済んでいる市区町村の名前を記入しましょう。

 所轄する税務署は、

 「○○区 税務署 所轄」とかでグーグル先生に聞いてください。

②給与の支払者等

 ここも、通常印字されています。

 されていなかったら、

 「法人番号 ○○株式会社(ご自身の会社)」とグーグル先生に(以下同文)。

➂あなたの氏名等(ないけど)

 これは説明いらないですよね。

 印鑑を忘れずに。

生命保険料控除額の入力をしよう!


①生命保険料控除

 保険会社の名称や保険の種類、金額を入力する欄です。

 ご自身で払っていることと、受取人がご自身または配偶者と親族の保険が対象です。

 ちなみに個人年金の場合には親族が受取人の場合には対象外です。

 保険料控除証明書の添付を忘れずに!!!

②~⑤各種保険料欄

・保険会社の名前はざっくりでOK

 長すぎて枠に入らない!ということがよくありますが、略称でOKです。

 分かればいいです。


・生命保険の場合には、「新」か「旧」を必ず選択する

 控除額が変わるので必須です。ちなみに医療保険には新とか旧はないです。


・12月までの支払額を記入する

 保険料控除証明書には金額が2つありますが、12月までの支払額を記入しましょう。


・控除額の計算は支払額ではない

 保険料控除額=保険料支払額ではないので、

 用紙下の方をよく見て計算しましょう。

 円未満の端数は切り上げです。


保険料控除のためにはどれぐらい保険に入るのがいいの?

という質問をよくいただきます。

保険料控除のためだけであれば、

積立の生命保険、医療保険を年間8万ずつ、

個人年金を8万だと、ちょうど満額の12万控除が取れます。

ある程度かけたお金も返ってきますしね。

(本来の保険の用途とは異なるので、ご注意を)

ご参考まで。


その他の控除項目について


①地震保険料控除

 こちらも記入上の注意事項は生命保険料控除と同様です。

 分かればいいので、そんなに厳密に書かなくていいです。

 地震保険の契約が旧長期損害保険の場合にはC欄に記載ですね。

②社会保険料控除

 給与から天引きされている【以外】の社会保険料があれば記載します。

 通常はないはずです。

 途中入社の方等で、国民年金や国民健康保険の支払がある方は記載しましょう。

➂小規模企業共済等掛金控除

 iDeCo等をやっている方は記載しましょう。


保険は資産形成に使える部分もありますが、

個人的には保険の神髄は、掛け捨ての生命保険にあると思っています。

何かあった時の備えは原則自身の貯蓄で対応し、

自分がいなくなったときに、残された家族に不自由なく生活してもらう。

それ以外では保険はいらないな~と。

楽せず楽しく生きましょう。

#保険で節税なんかできない

#出口まで責任持てるのか

#結局損するのは契約者

最新記事
アーカイブ
タグから検索
​カテゴリから検索

© 2020 by AT PLUS  Co.,Ltd